フラット35審査は頭金なしが影響する?

フラット35は以前は融資限度額は物件価格の90%という規定でしたが、消費税増税後の住宅市場の落ち込みを防ぐために現在はその上限は撤廃されています。
これは、一見すると借り入れる事ができる金額が物件価格の100%になったため住宅を購入しやすくなったと考えられがちですが、反面、借入金額が増えるので返済困難に陥る危険が高まったとも考えられます。
住宅ローンは金利優先で返済していきますので、借入金額が多くなると言うことは効率よく元本を減らすことが困難になります。
又、将来、住宅ローンを借り換えるなどの場合、ローン残高が多いと元本割れで審査が通らない可能性も出てきます。
何より借入金額が大きいと比率で発生する諸費用や保険料も高くなってしまうので、全てに関してデメリットになってしまいます。
フラット35の選び方は?損しない住宅ローン選び!【あなたに最適は?】