紫外線と冬の日焼け対策について

少しでも紫外線を意識することが、日焼け対策を冬にする場合には重要なことです。
どうしても紫外線に対する意識が弱くなりがちなのが、日差しがあまり強く感じられない寒い季節です。
日焼け止めでも夏と同じようにSPFの数字が高いものを常につけている必要は、夏ほど紫外線が強いわけではないのでありません。
日焼け止めが入った下地クリームやファンデーションを使っているなら、日焼け止めをわざわざつけなくても良いでしょう。
日焼け止めが入った下地クリームは、チタンパウダーなど紫外線散乱剤が入ったものが肌には刺激が少ないのでお勧めです。
今はいろいろと、日焼け止めや紫外線対策のクリームなどが販売されています。
肌に優しい自分にあったものを選択しましょう。
冬は乾燥する季節ですので日ごろの保湿対策も大切です。
ローションパックなどをしてしっかりと保湿して日焼け対策を、肌が特に乾燥しているならばしなければなりません。
シミやしわなどが出てきた後で後悔する事のないよう、紫外線を意識してしっかり日焼け対策してください。
しみ原因と早く消す方法は?【実は紫外線以外も要注意?】